フレッツ光をコスパ最強・最安で維持する方法 プラン選択・プロバイダを比較!

光コラボ全盛の光回線。

そんななか、いまだにフレッツ光の情報を追い求めるひとりの挑戦者がいた。

……というわけで、フレッツ光をコスパ最強で、なおかつ、なるべく安い価格で維持する方法を検討しました。

スポンサーリンク

ひかり電話をやめよう

フレッツ光を最初に引いた人は、ほとんどの場合に、ルーターをNTTからレンタルしていることでしょう。

また、プラン名は、

  • 戸建の場合 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
  • マンションの場合 フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ

になっているはずです。

しかし、ルーターを自分で用意して、ひかり電話をやめてしまえば、もっと安いプランに切り替えることができます。

ひかり電話をやめることは、「固定電話」の廃止を意味します。

なので、もう携帯電話だけでいいや、という人にだけおすすめできる方法です。

ルーターを自分で買って、「ギガラインタイプ」へ

ルーターは、現在市販されているものであれば、なんでも大丈夫です。

NECのAtermとか、バッファローの製品がメジャーです。

ルーターを自分で買ったら、NTTに切り替えの申請をしましょう。切り替える先のプランは、

になります。

NTTのフレッツ光のホームページでも、目立たない感じになっています。

「ギガファミリー/ギガマンション」から、「ギガライン」に切り替える場合は、工事費として2,000円が必要です。

この切替の効果ですが、ギガマンションの「プラン1」の場合、

  • 基本料金 月額3,750円→3,450円
  • ひかり電話を廃止 基本料金500円→0円

という節約ができます。

これで月額800円が安くなりました。年額なら、1万円相当です。(以上の価格はすべて税抜き)

ハイスピードタイプ

なお、ギガラインタイプの下位プランとして、「ハイスピードタイプ」というものもあります。

ハイスピードタイプは、ギガラインよりもさらに200円安くなりますが、スピードはギガ(1Gbps=1000Mbps)ではなく、100Mbpsに落ちてしまいます。

また、これ以外にも「ライトプラン」という最も安いプランもあります。

しかし、毎月の通信量が0.5GBを超える環境であれば、積極的に選ぶメリットはありません。

基本料金は安いものの、段階的に値段が上がってしまい、通信量の大きい環境では割高になってしまうからです。なのでここでは検討の対象外とします。

ここに注意!

ギガラインに変更すると、レンタルしていたルーターは終端装置に自動切り替えとなります。

NTTの工事の人は部屋には来ません。遠隔操作で切り替え工事が実施されます。

工事後は、これまで利用できたルーター機能は利用できませんし、固定電話もかけられません。

終端装置なので取り外しはできず、電源に接続することも引き続き必要です。(自分で購入したルーターだけで、インターネットに接続することはできません)

また、レンタルしていた無線LANカードは、NTTに郵送で返却します。あとで郵送用の着払い伝票が送られてきます。

廃止になった電話番号はどうなる?

ひかり電話(固定電話)が工事後に廃止されたあとは、その電話番号に電話すると、

「おかけになった番号xx-xxxx-xxxxは、使われておりません。新しい電話番号は、xxx-xxxx-xxxxです。」

というアナウンスが流れます。

アナウンスする番号は、切り替えの際にNTTのサポートに伝えておけば、対応してくれます。

このアナウンスは3ヶ月程度やってもらえるようで、無料のサービスです。

プロバイダはどこを選ぶか

次に、プロバイダについてどこを選ぶか、という問題を考えます。

現在ネットで出回っている情報を探すと、どれもこれも、光コラボの紹介記事ばかりです。

フレッツ光のプロバイダを比較した情報は、ほとんどなくなってしまいました。

これは、アフィリエイトと関係のある話でしょう。紹介料が発生しないものは、記事としては成立しづらいのでしょう。

悪質なのは、フレッツ光を紹介するようで、読んでいくと、最終的にアフィリエイトの光コラボに誘導する記事。

そんなひどい記事ばかりの状況に義憤を感じて、この記事を書きました。なので、ここで紹介している内容やリンクは、すべて「アフィなし」「損得抜き」の調査結果を紹介しています。

で、私が調べたところ、フレッツ光の有名なプロバイダで、低価格のものは、次のとおりです。(価格はマンションタイプの場合)

 

スポンサーリンク

 

これらは、キャンペーンの割引を排除した、純粋な基本料金です。

ちなみに楽天ブロードバンドは、キャンペーン期間(2年間)は500円になりますが、キャンペーン終了後は900円に戻るうえに、最低利用期間は3年間というイジワルな設定です。

IPv6非対応ですし、選ぶ理由はありません。

ベストチョイスのプロバイダはどこだ?

私の意見を結論から述べておきます。

IPv6に標準で対応していることを考えると、フレッツ光のプロバイダは、ASAHIネットが無難な選択という判断です。

なんでエキサイトはだめなのか。月額500円で最安なのに。

ネットでのエキサイトの評判を調べると、サポートがナビダイヤル(0570から始まる番号)ということで批判されているのが目立ちます。しかし、値段を考えればそれは要求過剰というものでしょう。

本当に重要なのは、サポートダイヤルよりも速度ですが、それも評判はいまいちのようです。やはり値段が設備投資に反映されているのでしょうか。

これらの評判から考えるに、エキサイトを選択するのは二の足を踏んでしまうところ。

これに比べて、「ASAHIネット」なら、マンションタイプで月額700円のうえに、IPv6対応です。エキサイトとは、たったの200円差です。

サポートダイヤルも、つながりにくいと感じたことはありません。(そもそもあまりプロバイダに電話することもありませんが)

DTIも月額680円なので魅力的ですが、IPv6に対応するために、アダプタの購入が必要とされており、その点が不便です。あとは、個人の考え方しだいでしょう。

私はエキサイトを試していないので断定はできませんが、無理して最安値のリスクを取りに行く理由もないと考えます。もし速度や設備投資を第一に考えているならば、当然IPv6に対応しているはず、という点も気になります。

IPv4でよかったり、速度が遅いリスクを気にしないなら、エキサイトを選択することも、もちろんありでしょう。

速度はそれぞれの環境によるところも大きいので、一概によい・わるいを断言しづらいということもあります。

ここでは、IPv6対応を最安で選べるASAHIネットをベストチョイスとさせていただきました。

ASAHIネットの細かい留意点

ASAHIネットでは、基本メールアドレスがひとつ付与されます。

ただし、そこに届いたメールを他のアドレスに転送することができません。これはちょっとイジワルですね。

なんで光コラボにしないのか

この記事を読んだ人は、「そんなセコセコせずに、光コラボにすればいいじゃん」、という意見もあるでしょう。

その答えですが、実はマンションタイプの場合だと、光コラボもフレッツ光も、料金的にあまり変わらないということがあります。

  1. ギガライン3450+ASAHIネット700=4,150円
  2. NTTの割引(にねん割)ー100円
  3. 3年目以降のマンスリーポイント割引 -300円
  4. 実質月額 3,750円

ということになります。(表示は税抜)

マンスリーポイントの割引は、マンションタイプの場合、1年目・100円、2年目・200円、3年目以降・300円となっています。フレッツ光メンバーズへの加入が必要です(無料)。

この料金に比べると、ASAHIネットの光コラボは、5年目以降の最低価格でも3,780円です(マンションタイプの場合)。

あれ、比較すると、フレッツ光のほうが30円安い……? という結果に。まあ、戸建てだと条件が変わるかもしれませんけど。

光コラボは、プロバイダの自由選択の権利がない

当然のことですが、フレッツ光は天下のNTT・日本電信電話です。サポート体制も万全です。

元締めのプライドとして、電話番号がナビダイヤルなんてことは、絶対にありません。当然のごとく、0120のフリーダイヤルですよ。サポートダイヤルもつながりやすさ抜群です。

また、光コラボにしてしまうと、プロバイダは決め打ちになってしまい、自由な変更ができません。プロバイダを自由に選べるという権利を一切放棄することになってしまいます。

光コラボは、乗り換えというシステムもありません。もしプロバイダを変更したい場合は、いったん解約して、それからまた契約するという手続きが必要です。

これに比べ、フレッツ光ならプロバイダを自由に乗り換えできます。もし速度に不満があったら、プロバイダだけを自由に変更できるのです。

これらを総合的に判断すると、光コラボを積極的に選ぶ理由はあまり感じません。

まとめ

ここまでの話を整理しましょう。

フレッツ光は、ギガラインに切り替え
プロバイダは、ASAHIネットに乗り換え

で、フレッツ光をコストパフォーマンスよく維持できることがわかりました。

なお、フレッツ光を単純に最安値にする方法は、

  • プロバイダを「BBエキサイト」(月額500円)
  • フレッツ光のプランを「フレッツ光ライト」(月額2,000円)

にすることです。(価格はマンションタイプの場合・割引考慮前)

ただし、通信量が多い場合は、コスパは悪いでしょう。本当に単純に維持できればいい、というレベルで月額2,500円まで引き下げることができます。

スポンサーリンク